読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

申込書(買付)について

今日は不動産の申込(買付)についてご案内いたします。

まず、不動産取引についてご注意頂きたい事は、重要なことについては必ず書面に残すということを覚えておいてください。

先日、営業マンから口頭で「物件を抑えておきましたから大丈夫です」という言葉を信じて引っ越し等の準備をしたけど、突然、「売るのをやめた」「貸すのをやめた」と連絡が入り、一から出直さないといけなくなったという話を聞きました。

不動産の取引の場合、申込(売買の場合は『買付』という業者もいます)は書面で交わすものです。書面を用意していなければ「売主」や「大家」には伝わっていないと思っていいです。

「売主」・「貸主」に意思表示する際は必ず書面で行われるものと思ってください。

 

また、「申込」と「契約」を混同しやすいのですが、「契約」と「申込」は全くの別物です。

実は、申込には何ら拘束力は無く、不動産取引の慣行で交渉権の順位を確保出来るかどうか位の効力しかありません。売主が不動産業者の場合は、申込自体が全く意味のなさないもので、「申込は受け付けるけど、うちは契約優先で、契約日が早い人が優先だから」というような業者もいます。

引越の準備や賃貸の解約や契約など、お金のかかるような準備は必ず「契約」を取り交わした後(当事者双方が署名・捺印した後)まで進めないようにすることをお勧めします。

くれぐれも、申込が済んだからと言って、引っ越しや賃貸の解約・契約を進めないようにしてください。