読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

物件を見学するときのポイント(中古一戸建て編③)

最後に物件案内終了後に見て頂くポイントです。

こちらの内容は、前回(物件を見学するときのポイント(中古マンション編③) - とある不動産屋のひとりごと)の中古マンション同様に、案内日当日じゃなくても構わないですし、むしろ、平日・休日、日中・夜間、様々な時間帯に何回か行っていただく事をおすすめします。


まず、建物周辺の道路の車の交通状況を見て頂き、安全面が確保されているか確認していただく事をおすすめします。また、曜日・時間によって抜け道になっていたりしたら大変です。時間をずらして再度見ていただくなど、しっかりチェックしていただく事をお勧めします。


そして、とても大事なのが近隣の人がどのような方が住んでいるかです。一戸建ての場合は周り近所との関係が切ってもきれなくなります。話が進んできたら、周りにどの様な人が住んでいるか近所の方に声をかけたりして確認していただく事をお勧めします。


どうしても、売主様や不動産業者は、あまり都合の悪い事は言いにくいことが多いです(買って欲しい気持ちがありますから、悪意が無くてもそういうものです)。

ご本人が自ら動いてお聞きになられる事をお勧めします。

帰りは最寄駅まで歩いて(バス便であれば利用する交通機関を使って)環境を確認しながら帰られるといいと思います。

またお子さんがいらっしゃる方は、通学路も歩いて環境をチェックすることもおすすめします。