読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

セットバックについて

今日はセットバックについてご案内いたします。

不動産をお探しになられたことがある人は「セットバック」について一度は聞いた事がある言葉かと思います。

 

細かい内容は出来るだけ省略しまして、注意点に重点を置いてご案内いたします。

 

「セットバック有」と表記のあるものは「自分の敷地の一部を道路部分として提供する必要がある」という事です。

(一般的な例としては、道路幅が4mを満たない道路の場合、道路幅を4m確保するために、道路中心線から2m後退したところまで後退(セットバック)するというのが一般的です。)

 

ただし、セットバックは、主に道路の幅が4mを切る道路に多いのですが、稀に道路の幅が4m以上の道路の場合でも「セットバック」が必要になる事がありますのでご注意ください。

 

セットバックがある土地の場合、現状は建物が建っている敷地であっても、建物を建て替える際には、セットバック部分の土地を道路部分として提供する必要があります。

 

物件を見て「この広さの分 家が建てられるんだな・・・」と思ってたら、セットバック部分があって「思った広さの建物が建てられない!!」なんて言うケースもあり得ます。

 

セットバック部分は、建物の敷地面積にも参入することが出来なくなるので、建物を建てる場合は、広告上の表記の敷地面積から、セットバック部分を引いた面積で建物の建築計画を立てる必要があります。

 

 

セットバック部分がある場合

 

敷地の一部を道路部分として提供しないといけない

セットバック部分は、建物を建てるための敷地面積には参入出来ない。

 

という事をぜひ覚えておいてください。