読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

不動産売買の仲介手数料について

今日は不動産売買における仲介手数料についてご案内いたします。

 

不動産業者は1取引につき、売主・買主それぞれから既定の仲介手数料の上限額まで貰えることになっております。

 

ここでのポイントは、上限額が決まっているだけという事です。不動産業者によっては「正規手数料」という業者さんもいますが、あくまでも上限が決まっているだけです。

ちなみに、仲介手数料は上限額以上の金額を要求するだけでも罰則規定があります。

 

~続いて上限額の計算方法をご案内いたします。~

 

上限額は、細かく決まっておりまして

0~200万円以下          ・・・取引価格の5%

200万円超える~400万円以下の取引・・・取引価格の4%

400万円超える           ・・・取引価格の3%

に消費税額として1.08を掛けた数字が仲介手数料の上限額となります。

 

そして上記の計算だと分かりにくいので速算式があります。

 

不動産仲介手数料の上限額の速算方法は・・・

0~200万円以下の取引        ・・・取引価格×5%×1.08

200万円を超える~400万円以下の取引・・・(取引価格×4%+2万円)×1.08

400万円を超える取引         ・・・(取引価格×3%+6万円)×1.08

ご注意頂きたいのは、売買金額の中に消費税が含まれている場合は、売買代金から消費税を引いた本体価格が仲介手数料の計算根拠になります。

 

 通常は、仲介手数料は上限額で請求される事が多いと思いますが、金額を確認するに当たってご参考にして頂ければと思います。