読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

『賃貸に住んでいる時』と『家を買った場合』の月々の支払いの違いについて

はじめて家を購入する場合、賃貸で生活している時の費用以外に毎月どんな費用がかかるのか質問される機会があります。

現在、賃貸にお住まいで、将来家を買う事をお考えの方に少しでも参考になればと思います。

 

家を購入すると発生するもの

一戸建て・マンション共通

住宅ローン

住宅ローンを借入した場合、毎月(ボーナス払いを組めばボーナス時も)必要になります。

税金

「固定資産税・都市計画税」は、所有している間は毎年かかってきます。(年4回の分割払いが可能)

マンションの場合

管理組合に支払う費用

管理費、修繕積立金(他に、駐車場使用料や、自転車置場使用料。マンションによっては組合費、部屋によっては専用庭使用料、ルーフバルコニー使用料など)

専有部分のメンテナンス費用

主に室内の設備は自分で治す事になります。(特に費用がかかるものとしては、給湯器など※10〜15年を目処に交換)

一戸建ての場合

自治会・町内会費

年間2,000円~3,000円程度になると思います。最近は入会が自由なところもあるみたいです。

メンテナンス費用

屋根から外壁・室内さまざまなメンテナンス費用が必要になります。

まとめ

具体的な費用として提示するのは難しいですが、税金やメンテナンス費用を考慮しないでギリギリのローン返済を組まない様に注意が必要です。

特に一戸建ての場合は、意外とメンテナンス費用がかかりますので、マンションの修繕積立金の様にメンテナンス費用を日頃から準備しておく事がベターかと思われます。

 

引き続き、不動産についての取り上げて欲しい内容を募集しております!

ご提案お待ちしております!!