読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

南側道路に接道している物件のデメリット

今日は一戸建て南側道路に接道している物件について書いていきたいと思います。

南側接道の物件は日当たりも良く開放感もいいのですが、デメリットも隠されております。

特に土地からご購入をされる方は是非見て頂きたいと思います。

 

南側道路に接している物件のメリット・デメリット

 


メリット


日当たりがいい

道路が南側にあると南側の建物が最低でも道路の幅の分スペースが出来ますので、日当たりは他の向きの物件よりも良くなります。


窓先が道路なので開放感がある

こちらも日当たり同様、窓は通常陽の当たる方に大きく取るので、開放感も良くなります。

 

デメリット


日常生活が丸見えになる。

建物が建っていれば確認しやすいのですが、建物が道路に近い場合は、道路から家が丸見えになります。生垣や植栽などで、死角を作らない程度(防犯の為)の目隠しを作ることによって解消を考える必要があります。ベランダは道路からも見えることになりますので、洗濯物の干し方にも気を付けないといけないという点もあります。


玄関の影響で1階南面の開口部が限定される。


これも結構な盲点です。角地であれば別の道路側に玄関を設ければいいのですが、南側道路のみの場合、玄関を南側に作る事になる可能性が高く、必然的に1階の南面の部屋の形状・広さが限定されてしまう事になります。


まとめ

南道路に接道しているというだけで土地の価額は高くなりがちですが、デメリットも確認しながら、比較・検討していただく事をおすすめします。