読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

マイホームの購入を検討し始めるにあたって注意すべき点について

はじめに、「家は借りるべきなのか、買うべきなのか」という点について自分なりの考えを書いてみたいと思います。

 

結論からいえば価値観や、お客様それぞれのライフスタイルで変わってしまうので、一概には言えないです。

 

ですが、購入する際の判断基準として、押さえておいて頂きたいポイントがいくつかあります。

 

・月々の返済以外にローンの返済以外に修繕費用・固定資産税等の計算が入っているか

・住宅ローンを組む際に完済年齢までの返済イメージ

・途中で買替を考えている方はその時点での残債(ローンの残債額)

 

などがあげられます。

 

よく聞く話の中で、「家賃と住宅ローンの月々の返済を比較すれば、ローンの返済の方が安くなる」とか、「ローンの支払いが終われば、家賃のような支払はなくなる」という話を聞きますが家を所有した時点でメンテナンス費用は自分で備えておかないといけないという点を見逃しがちです。

また、固定資産税も相当額がかかりますので、その金額もイメージしましょう。

 

人によっては家は貸すものであって、住むものでは無いという人もいる位です。

 

住宅ローンは、長期のローンを組むことになるので、具体的に完済時の年齢までしっかり支払いが出来る状況なのか買い替えを視野に入れるのであれば、買い替えを考える時期のローンの残債(借入の残額)はいくらになるのかなども検討することは重要です。

 

その中でも、購入を決断するにあたってしっかり念頭に置いておくべき点は、

「ライフスタイルをしっかり描いて購入を検討する」

ということです。

 

不動産の仕事をしていますと、当然ながら売却の相談の機会も頂くのですが、

「部屋が狭くなったから買い換えたい」

「買ってすぐに人事異動の話が出た」

「交通のアクセスが悪いから買い換えたい」

という相談を頂くことも多々あります。

 

家を購入する限り、「あの時、買わなければよかった」は絶対避けたいところです。それにあたっては購入時に将来予期出来るであろう選択肢をしっかりイメージしきった上で検討頂くということが大事になります。

 

賃貸は、ライフスタイルの変化に対応した住み替えが容易な点や、メンテナンスは大家さん任せ、固定資産税・都市計画税の支払いが無い等のメリットがあります。

 

マイホーム探しを始める際には、しっかり自分なりのライフスタイルをイメージしてから検討し始めることをおすすめします。