読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

「インスペクション」の義務付けについて

不動産業者は、来年(2018年)の4月から

中古物件を取引するにあたっては「インスペクション」を促さないといけなくなるそうです。

 

suumo.jp

 

「インスペクション」とは

「インスペクション」は「建物状況調査」のことで、一級建築士等の資格のある人が、外壁の目視や屋根裏の目視、床下の目視などを行い、専門家が第三者としてアドバイスをしてくれるという内容のものです。

非破壊検査などではなく、あくまでも目視できる範囲の調査なので、限定的な要素もあるのですが、トラブルを少しでも少なくできるという意味では意義のある事だと思います。

どのような法改正なのか?

宅地建物取引業法を一部改正して

・  売却を依頼する時に「インスペクション」の提案をする。

・「インスペクション」を行った場合、その結果を重要事項で説明する。

・「インスペクション」を行った場合、その内容を書面で渡す。

という項目を増やすという事です。インスペクションを売主様に提案して、実施した場合は必ず報告ないといけないという法改正です。

まとめ

少しでも取引を円滑にするという意味合いでは意義のある法改正だと思います。

ですが、目視は限定的で、検査官の力量も問われる業務なので、参考程度の度合いの強いものであることは否めないと思います。

 

 

 

~体重報告~

昨夜の体重65.4キロ増減なしでした(汗)

めげずに63キロ到達に向けて頑張ります!