読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある不動産屋のひとりごと

物件探しのコツや不動産取引のトラブル防止法など、色々お役に立ちそうなものをアップしていきます!

売却

中古物件の売出価格の決め方について

現在のお住まいの売却を検討しないといけない時、 実際に広告等に掲載するための売出価格を決めることになるのですが、 当然ながら売出価格は 所有者である売主様が決めることになります。 売却時に参考になる統計が東京カンテイさんの発表され、スーモさん…

境界標は要チェック!

土地や一戸建てを売却相談する際によくポイントになるのが境界標の明示です。 日頃生活していると、まず目が行くところではないのですが、売却時にはかなり重要になってくるポイントになりますのでご案内したいと思います。 境界標について 境界標について …

伝言係も出来ない不動産業者。。

ちょっと愚痴めいた話を。。。 先日、会社で管理しているマンションで、突然ある部屋の家賃が振り込まれなくなった物件がありました。今までちゃんと家賃が振り込まれていた方だったので「あれ?」と思い、不動産管理会社に連絡をとってみると、、、 なんと…

「インスペクション」の義務付けについて

不動産業者は、来年(2018年)の4月から 中古物件を取引するにあたっては「インスペクション」を促さないといけなくなるそうです。 suumo.jp 「インスペクション」とは どのような法改正なのか? まとめ 「インスペクション」とは 「インスペクション」…

隣の家を解体?!

先日、とある物件の境界の立会いで測量会社と話題になった話です。 ちょっとした待ち時間があったので、 以前、別の業者さんから、 解体業者が重機で隣の建物をひっかいちゃった(結構、衝撃的なはなしじゃないですか?) という話を聞いたことがあり、かな…

民法改正と不動産との関係について

民法が制定以来はじめて改正されるみたいです。 「法定利率」や「時効」など、様々な日常生活に影響が出る内容が改正されるようです。 news.yahoo.co.jp 当然ながら、不動産にも影響が出そうなものが改正されそうなので、不動産取引に影響が出る内容について…

「大丈夫です」には気を付けて下さい!

不動産業者に質問した際に「大丈夫です」と言われたら要注意です! 昨日、私が読者になっている せごどんさん のブログマナースタイル★MannerStyle★ で「大丈夫です」についての記事を拝見しまして、 www.mannerstyle.jp 不動産業界でも「大丈夫です」を信じ…

私道における注意点。

新築・中古問わず一戸建てをご検討される際には必ず道路について様々な情報が出ているかと思います。 今回は物件が「私道」に接している場合の注意点をご案内いたします。 物件の接道が「私道」の場合は、道路の維持管理は原則所有者ご自身で管理する事にな…

売買契約後に契約を解除したい場合

今日は、せっかく契約をしたのに、どうしても解約しないといけなくなった場合について、一般的にはどのような流れになるのかをご案内いたします。 売買契約前に申込金をとる会社もある話を聞いたことがありますが、通常は返金してもらえるはずです。 売買契…

不動産売買の仲介手数料について

今日は不動産売買における仲介手数料についてご案内いたします。 不動産業者は1取引につき、売主・買主それぞれから既定の仲介手数料の上限額まで貰えることになっております。 ここでのポイントは、上限額が決まっているだけという事です。不動産業者によ…

公示地価について注意すべき点について

ちょうど先日、公示地価の発表がありましたので、 公示地価 地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省 を見るに当たっての注意点をご案内いたします。 公示地価は、不動産鑑定士さんが各地域の不動産業者さん等を訪ねて取引相…

不動産業者の選び方

「家を借りたい」 「家を買いたい」 「家を売りたい」 住まいを住み替える時には不動産業者を選ぶ必要があると思います。 今回は、不動産業者の選び方について自分なりの考え方をお伝えします。 不動産業者選びは、かなり重要です。 不動産取引のトラブルの…

契約書に収入印紙はいつ貼るのか?

今日は契約書に印紙を貼るタイミングについてご案内いたします。 印紙を貼るタイミングは印紙税法上、契約時に貼る必要があります。 ただし、実務上では、ローンが通るかどうか不確定なときや、契約自体が白紙解約になる可能性がある場合、印紙を貼らないで…

瑕疵担保責任について③(瑕疵担保責任免責の注意点)

瑕疵担保責任については本当に良くトラブルになります。 今回は瑕疵担保責任免責における注意点をご案内いたします。 瑕疵担保責任免責というのは、売主は瑕疵担保責任を一切負いません。という特約です。 通常、不動産取引の契約書の雛形には、必ず瑕疵担保…

「物件の囲い込み」について

インターネット上で「物件の囲い込み」について話題になっているので、考えていきたいと思います。 「物件の囲い込み」とは、お客様から依頼を受けた売却物件を自分の会社に来た人にだけ紹介をして、他の不動産会社には「商談中・契約予定・準備中」等の理由…